一枚板のダイニングテーブルを購入する際に気をつけたいこと

無垢材の一枚板でできたダイニングテーブルを購入してようと考えているなら、失敗しないために事前にメリットとデメリットをしっかり知っておくことが大切です。無垢の一枚板は、自然素材ならでの良さがあり、木の質感や風合い、匂いなどを楽しむことができます。また、木の癒し効果なども得ることができます。その反面、木の性質上、色の変化や反りなどが起きやすいのも無垢材ならではの特徴の一つです。また、木の種類によって、木目や硬さ、性質などが異なります。一枚板のダイニングテーブルを購入する際は、その木の特徴や性質を良く知り、年月が経ったときの変化なども知っておくことが大切です。世界で一つしかない価値あるものであるからこそ、木について理解を深めることで長く快適に使用する事ができるのです。

一枚板のダイニングテーブルのサイズについて

無垢材の一枚板でできているダイニングテーブルは、普通の既製品のようにサイズが明確に決まっているわけではありません。正方形や長方形に加工しているものは別として、一枚板には最小幅と最大幅があります。長さもきっちり決まっているわけではなく、商品によって異なります。そのため、購入する際は、横幅の最小幅と最大幅、長さをきちんと測ってから商品を選定するようにしなければいけません。だいたい1200mm~2000mmがダイニングテーブルにはよく使われるサイズです。4人掛けなら1800mm前後が使いやすいサイズでしょう。また、中には円形に加工したものもあります。円形なら直径1200mmくらいあれば、4人で使うのに適しているでしょう。購入する際にまずは、サイズをしっかり確認する事が大切です。

一枚板のダイニングテーブルの特徴を知っておこう

一枚板でできたダイニングテーブルは、無垢材と呼ばれる天然の木でできています。無垢材は、木の質感や風合い、高級感などを楽しむことができます。一枚板の場合、一点ものになるため世界に一つしかない価値もあります。その反面、一枚板の場合、乾燥すると木は縮み湿気を含むと膨らみます。そのため環境によっては反ったり、割れたりすることがあります。また、天然木は紫外線によって色が変化します。木の種類によって色の変化も異なり、年月が経過することで色が飴色のように濃くなるものや、逆に薄くなるものもあります。木目や硬さ、重さも木の種類によって異なります。一枚板のダイニングテーブルを購入する際は、木が反ったり割れたりする可能性があることや、経年変化で色が変わることなどの特質をよく理解しておくことが大切です。